ブログ

ハウスコンサート

2021/02/24

先日は、個人宅でのハウスコンサートでした。

鉄筋の一軒家なのですが、中は年代物の木のをふんだんに使った邸宅です。

数々の骨董品に囲まれて、一言で言うと,

とにかくすごかったです。

毎月1回、会員様限定に行われているコンサートを開催されているそうで、

今回のコンサートでなんと222回目!

クラシック音楽、玄人の会員様故に、「なにか特色のあるコンサートがいい」ということで

オールスペインプログラムでした。

 

コロナ禍の中、たくさんの方にお越しいただきました、 ありがとうございました!

小平特別支援学校 卒業コンサート終了

2021/02/19

今日は姪がお世話になっている学校でのコンサートでした。

対象は小学校6年生。

今年は、移動教室で八王子に行くはずが、

コロナでなくなってしまい・・・

今回のコンサートの会場も、

本当は東大和のハミングホールで行う予定が

またしてもコロナで使えなくなってしまい・・・

結局学校の体育館で行いました。

本当にこの、自粛期間世代の子たちは可哀そうですね・・

 

コンサートは、先生方のご協力のもと、

和やかに演奏することが出来ました。

生徒さんも、真剣に演奏を聴いてくれました。

 

ありがとうございました!

 

チックコリアについて

2021/02/14

皆様いかがお過ごしでしょうか?

感染者が減ってきたと思ったら、今度は地震。。東京も揺れました。。

感染者が多い時にもっと大きいのが来たらと思うと・・

怖ろしいですね。

平穏な日々は戻ってくるのか・・・

 

さて、音楽界ではビッグニュースです。

 

ジャズの巨匠、チックコリアが癌で亡くなりました。

79歳だったそうです。

ジャズにロックやラテンのリズムを取り入れた、

フュージョンの先駆者です。

 

2002年だったかな。

バルセロナに留学していたころ、友達に誘われて

バルセロナのカタルーニャ音楽堂でのコンサートに行ったのが、いい思い出です。

ピアノ弾いたりシンセ弾いたり、内部奏法(ピアノの弦を直接指で弾いたり押さえたりする奏法)とやりたい放題。

アンコールはダンサーを入れての「スペイン」。

間違いなく、本人が一番楽しいであろう内容だったと思います。

その映像がYouTubeにアップされてます。

https://www.youtube.com/watch?v=MXGWUppikhg


演奏家としてもトップ中のトップでしたが、作曲家としても素晴らしい作品を遺してくれたと思います。
今月25日に開催する、午後のコンサートで、
コリアのピアノ曲「チルドレンズソング」を弾こうか考えています。

 

ご冥福を祈るばかりです。

2月のコンサート

2021/02/01

2月は3つコンサートを予定しています。

 

2月19日

 

小平支援学校コンサート

 

2月21日

 

りとるみゅーじっくハウスコンサート

 

2月25日

 

午後のコンサート

小金井宮地楽器ホール小ホール

いつも午前中にやっているコンサートを

午後、やってみようという企画です。

 

2月27日

紀尾井フォーラムでのコンサートは延期となりました。

モーツァルトピアノソナタ 楽譜比較

2021/01/30

モーツァルトのソナタを弾いているので

楽譜をいろいろ物色しています。

出版社によってまぁまぁ違うんです。

 

モーツァルトの楽譜で特徴的なのが、

前打音とストローク。

原典版、となっている楽譜はそのまま書いてありますが、

現代風の表記だと、

もう前打音ではなくて、普通の16分音符で書かれていたり、

ストロークがスタッカートで書かれています。

https://core.ac.uk/download/pdf/144252639.pdf

 

ベートーベンのソナタは、園田高弘版がお気に入りですが、https://www.shunotaki.com/blog/168

モーツァルトのソナタは出ていないみたいです。。

 

 

自筆譜

 

どんな作品もこれが元になっています。

モーツァルトの自筆譜は、書き直しがなく、

自筆譜にしてはかなり見やすい方です。

たまーに見てます。

 

べーレンライター

 

余計なことがなにも書いていない、原典版です。

ただ、いつも思うのは、

情報量が少なくて、使いにくいない?

これだったら自筆譜と変わらない、でもそこが売り?

 

ヘンレ

 

キレイな字体で人気ありますね、これも原典版です。

ただいつも思うのは、

指使いが好みじゃないんだな~・・・

 

音楽の友ニューエディション

 

自筆譜に基づいた楽譜に

校訂者の校訂が、うすく書いてある楽譜です。

モーツァルトのソナタは、たいだい1巻2巻と

分厚くなっていますが、

この版はソナタが3曲づつ入っているため

持ち運びが楽ちんな楽譜かもしれません。

 

ペータース

 

原典版、プラスαフレージングや指使いが

いろいろ書いてあります。

バルセロナ留学時代も

あらゆる作品で、ペータースがいい!と

言われていました。

モーツァルトも使いやすくていいですね!

 

全音(モーツァルトピアノソナタ全集)

 

ベーレンライターに近い原典版です。

日本の出版社なのでコスパがいいですね。

 

シーマー

 

いろいろ現代風表記の楽譜です。

とても見やすいですが、音がちょっと違う箇所も・・・

 

全音(モーツァルトピアノソナタアルバム)

 

全音は、同じ作品でもいろいろな校訂があります。

表紙のデザインがまったく同じなので

ややこしいです(笑)

このソナタアルバムは、

ソナタが順番通りに並んでいません。

校訂者は誰だったか?

全音は、音符を小さくギュッと書いてあり、

少ないページにたくさん音符が書いてあります。

 

ブライトコプフウントヘルテル

 

老舗の出版社。バッハが有名ですか?

現代風の表記です。

全音同様、少ないページにたくさん音符が書いてあります。

 

今は、ペータースを見ながら

ブライトコプフウントヘルテルを使っています。

それにしても、いろいろ見たな~!

あとは練習します。

 

モーツァルトピアノソナタ6番「デュルニッツ」

2021/01/25

以前モーツァルトのピアノソナタ2番を弾く、とブログに書きましたが、

今シーズンは6番を弾こうと思います。

モーツァルトがデュルニッツ男爵のために作曲したため、

「デュルニッツ」と呼ばれているそうな。ベートーヴェンのワルトシュタイン的な。

大体のモーツァルトのソナタは、演奏時間が10〜20分ぐらいなのですが、

このソナタは30分近くかかる、大作です。

なんせ三楽章が15分と、長い変奏曲になっています。

モーツァルト本人も、この曲をかなり気に入って、

よく演奏したそうです。

どんな風に弾こうか、楽しみです。

新年弾き始め

2021/01/22

二月に一回開催しているコンサートシリーズ、

「ブランチタイムコンサート」が、先日無事終了しました。

いや〜外も会場も寒かった〜!この日に限って大寒でした。

お越しいた皆様、ありがとうございました!

やはりベートーベンの月光ソナタ、そして

ロッシーニのソテーはウケますね!

ラモーを弾いてほしいと、

玄人的なリクエストも頂きました。

コンサートのチラシの写真も変えたいです。

合奏は楽し!モーツァルトピアノソナタK.545 グリーグの伴奏

2021/01/17

このブログの内容は、タイトルの、そのまんまです(笑)

小学5年生の生徒さんと合奏をしました。

曲は、あの有名なモーツァルトのソナタに、

ノルウェーの作曲家グリーグがピアノ伴奏を付けたもの。

なぜこのソナタに伴奏を付けたのか…知りません勉強不足です。

以前別の生徒さんと演奏して面白かったので、

小5の生徒さんと弾いたところ、とても喜んでいました。

「仕上がりに納得していないから次もまた弾く」んだとか(笑)

 

うちのレッスン室にはピアノが一台しかないので、

電子ピアノを持ち込んでやりました。

意外と出来ちゃうもんです。

僕自身も、2台ピアノの作品は、

展覧会の絵とロドリーゴの作品を少し弾いたことがあるだけなので、他の曲もやりたいです。

ホルストの惑星(木星が有名)は、元々2台ピアノの作品そうです。

やりたいな!

ブランチタイムコンサート

2021/01/12

緊急事態宣言は出てしまっていますが・・・

来週1月20日にコンサートをします。

 

小金井、宮地楽器ホールでやっているコンサートシリーズです。

亡き王女のためのパヴァーヌ、月光ソナタ等を弾きます。

10時30分開始で、入場料は1000円。小ホールです。

是非!お越し下さい!

生徒さん募集

2021/01/08

当教室では、引き続き生徒さんを募集しています。

生徒さんの9割は、ブランクがあったけど、再び始めたという方々ですが、

習ったことはないけど始めてみたい、と言う方も大歓迎です。

 

よろしくお願いいたします!